You are here:  / ホウロクシギ / ホウロクシギ他

ホウロクシギ他

朝になっちゃいました^_^;

昨日は空振りの連続で嫌になっちゃいましたが、一応ライファーのホウロクシギはゲットできました。
写真はクリックすると1000×750または1000×664ピクセルに拡大します!!
DSC_0614
ホウロクシギ with ユリカモメ photo by misaki

デジスコではまずピントが合いませんが、1枚マシなのがあったのでアンシャープマスクを強めにかけてごまかしてみました^_^;
IMG_2649
photo by mitsu

御天気が悪かったですが飛翔写真も。
DSC_0841
photo by misaki

ミサゴが上空を舞うと、びっくりして飛びたちますが、同じところへ戻ってきます(笑)
この子は片足着地みたいです(^^)
DSC_0730
photo by misaki

止まりものは長距離なので陽炎の影響をもろ受けますが、飛翔は比較的近くも飛んでくれたので良かったです(^^)
DSC_6267
photo by mitsu

DSC_6271
photo by mitsu

DSC_6171
photo by mitsu

干潟は地面かた陽炎がたっているので、ぼやけた写真しか撮れませんでした(/_;)
DSC_0544
ユリカモメ夏羽 with ウミアイサ photo by misaki

ユリカモメと思ったらズグロでした!
DSC_0756
ズグロカモメ photo by misaki

ビンズイちゃん。
DSC_0987

巣作り中のヒゲ男爵カワラヒワ。
DSC_0880
カワラヒワ photo by misaki

ローアングルで。
IMG_2707
photo by mitsu

桜ヒヨドリ。
DSC_1056
ヒヨドリ photo by misaki

クチバシに花粉を付けていますが、ヒヨドリも桜の受粉に一役買っているんですね!
IMG_2869
photo by mitsu

今日は予定より遅くなってしまったので、また空振りの予感・・・(((( ;゚д゚))))アワワワワ

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-774 + TE-17W + IXY DIGITAL 3000 IS>
misaki <Nikon D300 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17E?>

10 Comments

  • th0325

    / 返信

    おはようございます…
    ホウロクシギをゲットされたんですね~
    おめでとうございます(^^)/
    距離が有るでしょうが、mitsuさんもmisakiさんも綺麗に撮れましたね!!
    飛翔もバッチリで羨ましいです。
    桜ヒヨちゃんも良い感じですね~
    昨日は箕面で遊んでました(^^)

  • ヘロン

    / 返信

    ライファーゲット、おめでとうございます!!次、何がライファーになるのか楽しみですね。 ホウロクシギって、ミサゴに警戒して!?飛ぶ事があるのですね。しかし、本当に警戒して飛んだのか??疑問も残ります。水鳥等の沢山の鳥達が休んでいる上をミサゴが飛ぶ場面を何回も見ていますが、ミサゴの影響で飛んだと思われる鳥は見た事はなく、そういう意味で、鳥達の反応はトビが飛んでいるのと変わらなかったですよ。鳥達は、魚食のミサゴは、自分達を滅多に襲わない事を知っているのだと思います。行動から、今回のホウロクシギは経験の浅い若い個体だったのかも知れませんが、嘴の長さや下への曲がり具合を見ると、写っている個体は殆ど成鳥っぽいですね。勿論、嘴だけで成鳥かどうか決めるのは誤認の危険性があると思いますし、体の色・模様・コントラストや足の色等、もっと細かい部分も見て判断した方が、より確実性が増すのは言うまでもないですが…。今回は、ホウロクシギが遠かったみたいですね…。また、リベンジしてくださいね。
    頭が黒くない時のズグロカモメは、凛としたところもありますが可愛いですよね。成鳥夏羽は、黒い頭に目の周りの太めの白がアクセントになって短い嘴と相まって、それはそれで頭が黒くない時とはまた違った可愛さがありますね。個人的に、本種と似ているユリカモメ成鳥夏羽よりも、ズグロカモメ成鳥夏羽の方が可愛く感じます。

  • niobu

    / 返信

    今年は、ホウロクが多いですね。
    大阪でも2羽出てるみたいですし、コチドリも多くなってきたし春の渡りも本番ですね。

  • misaki

    / 返信

    th0325さん♪
    こんばんわ!
    ホウロクシギの嘴、折れたりしないのかな…なんてことを考えながら撮ってました(^^ゞ
    シギはあまり区別できてなかったんですが、ホウロクシギは覚えました(`・ω´・)b
    ヘロンさん♪
    こんばんわ!
    成鳥か若かわかりませんが、ここのホウロクシギはミサゴにだけじゃなくトビにもビックリして飛んでましたよ~(~_~;)
    リベンジは思わぬところでできました(`∀´)v
    niobuさん♪
    こんばんわ!
    今日偶然ホウロクシギに出会えましたし、多いんですかね~(・o・)
    でっかいから見つけやすいですね♪

  • 海ちゃん

    / 返信

    こんばんは。
    山国に住んでいるので、シギ類はほとんど見たことない僕ですが、このシギは貫禄ありますねぇ。
    飛び物もお見事です。
    ビンズイ、雰囲気出ていていいですね!
    大好きな画です。

  • キンタ

    / 返信

    ホウロクシギの飛び物お二人とも綺麗に撮られて
    ますね~。さすがです。
    今年は数ヶ所でホウロクシギが出てるみたいですね。僕も会いたいです。ヒヨドリもやっぱり桜が絡むと絵になりますね。

  • yamasemi_t

    / 返信

    こんばんは。
    ホウロクの飛びものは迫力がありますね。
    ピントもバッチリで満点です~
    あとしばらくすれば、夏鳥が見れますね。
    楽しみです。

  • mitsu

    / 返信

    >th0325さん
    こんばんは!
    昨日は長距離のボヤボヤでしたが、今日はまだ良かったです(^^)
    ヒヨちゃんも桜がらみだといいですよね!
    箕面も楽しそうですね!
    僕も行きたいんですが、他にも行きたいところが多すぎて。。。(笑)
    >ヘロンさん
    このホオロクシギはトビやミサゴが舞う度に飛んでいたので、おそらく警戒していたのでしょう!
    でも、カモとかってミサゴやトビじゃ警戒しないですよね!
    経験の浅い子だったのかな??
    >niobuさん
    大阪も出てるそうですね!
    ここよりは大阪の方が撮りやすいかな??
    シギチ、どんどん入ってきてほしいです♪
    >海ちゃんさん
    こんばんは!
    僕も四方を山に囲まれている奈良県です(笑)
    しょっちゅう山を越えて海へ・・・。
    このシギは結構でかいので存在感がありますよ!
    海ちゃんさんもたまにはドライブがてら海へ行かれてはいかがですか!?
    >キンタさん
    飛びものは背景がもう少しよければ・・・^^;
    ホウロクシギ、今日も違うところで会えました!
    今年はシギチも期待大ですかね!?

  • mitsu

    / 返信

    >yamasemi_tさん
    こんばんは!
    ホウロクは背景のいいところを飛んでくれたらいいんですが、贅沢は言えないですよね^_^;
    夏鳥はめちゃくちゃ待ち遠しいです(>_<)

  • misaki

    / 返信

    海ちゃんさん♪
    こんばんわ!
    昨日の海は青くてきれいでしたよ~(^o^)
    大阪は海に面してはいるけど…きれいじゃないですから(T_T)
    ビンズイちゃん、ちょっとの間いいところに止まってくれてたんです♪
    気に入っていただけるとうれしいです(^_^ゞ
    キンタさん♪
    こんばんわ!
    とまりものがモヤモヤのせいでさんざんだったので、何かしら残したくて頑張りました(*^o^)/
    桜がらみはキンタさんを見習って狙ってみました!
    目当ての鳥さんの愛想が悪かったのもありますけど…笑
    yamasemi_tさん♪
    こんばんわ!
    1.7倍のテレコン付きはAFがかなり遅くて、追従機能が活かせられません(´-ω-`)
    でも、あれだけデカいとカメラもピントを合わせやすかったみたいです!笑
    夏鳥は楽しみですけど暑くなるのはイヤです~(;´д`)

niobu へ返信する コメントをキャンセル

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。