You are here:  / タゲリ / チョウゲンボウ / ハイイロチュウヒ / イモ畑に降りたハイイロチュウヒ

イモ畑に降りたハイイロチュウヒ

昨日の写真です。
昨日は朝からハイイロチュウヒを探しましたが、なかなか見つからないのでタゲリを撮っていました。
まずは愛想良しさんの怒アップから!!
色合い、バック、お花が気に入っています(^^)

写真はクリックすると1000×750または1000×664ピクセルに拡大します!!
IMG_2240
タゲリ photo by mitsu

もういっちょ怒アップ!!
IMG_2179
photo by mitsu

羽づくろい。
IMG_1033
photo by mitsu

眠たそうですね^^;
DSC_6506
photo by misaki

ネコちゃんみたいでかわいい♪
DSC_6471
photo by misaki

タゲリを撮っていたらタゲリの群れになんとチョウゲンボウ♂が突撃!!
DSC_3601
チョウゲンボウ photo by misaki

一斉に逃げられるもホバリングして様子をうかがいます。
DSC_3689
photo by misaki

そしてもう一度群れを狙います。
DSC_3582
photo by misaki

突撃しようとしているところを僕もデジイチで。
この後結局タゲリに完全に逃げられてしまい狩りは失敗しました。
DSC_7394
photo by mitsu

こちらは小さな猛禽と言われるモズさん。
DSC_6647
モズ photo by misaki

午後にやっとハイイロチュウヒ発見!!
DSC_3813
ハイイロチュウヒ photo by misaki

空高く舞います。
DSC_3830
photo by misaki

こちらへ向かってくるショット。
DSC_3812
photo by misaki

空中でプリッ!!
misakiがえらい興奮してました(爆)
DSC_3836
photo by misaki

すごい形です!!(笑)
脱糞フェチにはたまらないようです・・・(汗)
DSC_3838
photo by misaki

飛んで行った先に行ってみると、遠かったですが地面に止まっていました。
DSC_3951
photo by misaki

条件が悪いと思いつつもデジスコでズームして大きく撮影。
きつめにシャープをかけていますが、意外と解像していました。
IMG_2576
photo by mitsu

狙ってません(汗)
IMG_2621
photo by mitsu

天気が良かったので陽炎もたっていましたが、連写しているとたまに陽炎がマシなカットが混じっていました。
IMG_2622
photo by mitsu

用も足したしくつろぎモードかな(笑)
IMG_2507
photo by mitsu

シャープかけすぎと言われそうですが、これぐらいシャープかけないと陽炎せいではっきりしません(;´Д`)
IMG_2517
photo by mitsu

最後、飛び立つ前です。
IMG_2628
photo by mitsu

ハイイロチュウヒの止まりもの、遠いと思っていたけど去年よりはマシなのが撮れてたので良かったです♪
警戒心の非常に強い鳥なのでこれ以上近くで撮るのは難しいかも知れませんが、できたら後少しだけでもマシな条件で撮りたいです。

※S95も調子が悪くなりました。通常1.9コマ/秒で連写できるのですが、一時的に0.9コマ/秒程度しか連写できなくなりました。
カメラがすごい熱を持っていたので暑さのせいかもしれません。
最近のコンデジは極端に暑さに弱いんですかね・・・。

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-774 + TE-17W + PowerShot S95>
     <Nikon D300 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-14EⅡ>
misaki <Nikon D7000 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17EⅡ>

11 Comments

  • おやじ

    / 返信

    うちの嫁半に見せてあげたい
    おしっこショットやなあ
    まだまだうちの嫁半は立ちションも出来へん未熟者
    飛びながら出来るようになったら
    嫁に昇進かも???
    これ読んだら嫁半が怒るかも?
    鳥撮りとトイレは密接な関係にあってmisakiの立場がある程度分かるおやじです
    意味不明なこと書きまして
    すんまへん

  • 山鵜

    / 返信

    お二方の写真嗜好がチョット違った方向に突っ走っているようで山鵜は不安です(無鉄砲汗)ゲリに腸に脱糞ですかー。確実に内科系ですね。
     チョウゲンポウはタゲリみたいな鳥も狙うんですかー。何でもありですね。確かにタゲリは美味しそうではありますが・・・
     地べたハイチュウの鋭い目線がいいですねー。
     

  • ヘロン

    / 返信

    タゲリの一枚目の写真は、なかなか味わい深い写真のように感じました。タゲリの写真は、こういう背景が暗めの写真でも鳥を殺さないで、鳥が持っている魅力や良さを出す撮り方ってあるのですね。数多くのタゲリの写真を見たかどうかと言われれば見た数は少ない方にも思いますが、良い意味で、タゲリの写真の中でも前衛的なものの部類のように感じます。
    ホバリングをしているチョウゲンボウ、気に入りました。こういう雰囲気の写真、好きです。
    昨日もハイチュウ♂が撮れて良かったですね。あえて深入りはしませんが、misakiさんが興奮されたのは、そのような何かが…!?ハイチュウ♂の飛翔中のこういうシーンは、そうそう撮れないかもしれませんし、そういう意味では貴重な写真かもしれませんね。
    地面に降りているハイチュウの写真を拝見させていただいた後、大晦日に大雪が降る中で雪原と化した田んぼに降りている、初めてのハイチュウ♂に出逢った時の事を思い出しました。ハイチュウ♂の顔は、鷹の顔としては他の鷹とは一線を画していて特異な感じがし(顔がフクロウ科の鳥のようだとも言われる事もありますが、細身のグレーの猫が鳥になったらこんな感じでしょうか!?)、それだけでも印象に残り易い顔なのかもしれませんね…。
    先日、雪景色になった近場の国立公園に3桁の数のレンジャク(緋と黄の割合等、詳細不明)が入ったり、近場の水辺にもオジロワシがもう1羽、最近遅れて到着したようです。

  • ヘロン

    / 返信

    補足しますが、ダゲリの1枚目の写真は、”タゲリが1羽しか映っていない、且つ、身体の白い部分が顔にしかない、且つ、背景が暗めの写真でも鳥の魅力を生かせる撮り方があるのですね”という意味です。タゲリは身体下面や翼下面に白色部が多いですし、そういう部分を省いた写真でって事です。翼の光沢がさりげなく出てるのも、鳥の魅力が生かされてるポイントの一つでしょうか。上手く説明出来ませんが、何となくでも言いたい事が伝われば……と思います。

  • vivi_kota

    / 返信

    チョウゲンボウがタゲリを襲うんですか。
    大きさから不思議な感じですが、ハヤブサが飛んでいるアオサギを襲っているのを見たことがありますので、こんなこともあるのかなと妙に納得してます。
    ハイチュウはとっても警戒心が強いみたいなので、止まり物はすごいなと思います。
    こんなのは、デジスコ使わないとダメそうですね。

  • yamasemi_t

    / 返信

    こんばんは。
    デジスコでのとまりもの、凄いですね!
    成鳥雄の写真で、これほど解像しているのを見たことが有りません。
    misakiさんの脱糞物?良く撮れてますね!
    テンションが上がるのも無理ないです(笑)
    まだまだシーズンは長いので、素晴らしい写真を撮ってくださいね。

  • mitsu

    / 返信

    >おやじさん
    おやじさんの嫁半は立ちションもできないんですか!?
    うちの嫁は鳥見には紙おむつが必要なんて言う始末です((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
    鳥撮りとトイレは切っても切れませんね^^;

    >山鵜さん
    お二方と言われますが、misakiに限っての事ですよ!!
    確かに内科系がヤバイみたいですわ(;・∀・)
    バッタばかり食べてるチョウゲンボウがタゲリを襲ったのは僕も意外でした。
    ハイチュウ♂は眼力がありますね!

    >ヘロンさん
    伝わってますよ!
    タゲリの写真の翼の光沢に関しても僕も思っていました!
    ハイチュウの脱糞シーンですが、ハイチュウ♂はただ撮影するだけでもなかなか機会がないので、貴重なシーンだとは僕も思います^^;
    ヘロンさんは初ハイチュウ♂が雪の中ですか!
    去年雪の中のハイチュウにも遭遇しましたが、ほんま神秘的だと思います!
    ハイチュウ、チュウヒの顔は僕もフクロウ系に似ていると思います。
    ある意味人面鳥だと思います(笑)
    3桁のレンジャク・・・一度遭遇してみたいものです。

    >vivi_kotaさん
    ツミがカケスを捕えたシーンも見た事があるので、大きさ的には全然不思議ではないですが、いつもバッタばかり食べてるチョウゲンボウってのが意外ですよね(^^ゞ
    ハイチュウは警戒心が非常に強いと思いますが、このときは偶然お腹がいっぱいでにぶかったのかも知れません。
    直前に糞してたし。。。(笑)

    >yamasemi_tさん
    こんばんは!
    意外と解像していてびっくりしました。
    もう少し近かったらもう少し解像していたのかな~ってちょっぴり悔しいです^^;
    ハイチュウのお尻から白いものが出た瞬間、misakiの興奮が僕に伝わってきました!!
    ハイチュウ、去年はあまり狙いませんでしたが、今年は去年よりはもっと狙っていきたいと思っています。

  • misaki

    / 返信

    おやじさん♪
    こんばんわ!
    ワタシはもう立派に立ちションできますよ~笑
    この日はワタシはおトイレ行きたくならないように後ろでひたすら寝てました。。。汗

    山鵜さん♪
    こんばんわ!
    ん~~ワタシは面白写真がすきなだけなんですが、どうやら脱糞に興奮してたみたいですね。。変
    そういう山鵜さんも、タゲリが美味しそう!?美味しそうって・・・(゜Д゜;;)アワワワ
    貴婦人いただいちゃうんですか!?

    ヘロンさん♪
    こんばんわ!
    チョウゲンは何回かホバってくれたんですが、背中ばっかりで、1回だけ横からがあったので、良かったです^^
    ハイチュウの面白シーンはやはり何かが・・・ですね。笑
    雪の中のハイチュウは1回だけ見たことがありますが、初めてみたのがそのシチュエーションっていいですね!
    ハイチュウは特に雌がお面を被っているようでワタシは惹かれます^^
    ネコが鳥になったらっていうのが一番しっくりきますね!
    ワタシはオジロワシに出会いたいです。遠くのオオワシとのツーショットは撮ったことがあるくらいなので。

    vivi_kotaさん♪
    チョウゲンとタゲリは大きさからも不思議ですが、ワタシはサギよりもタゲリの方が速いし、集団でいることが多いから、それを襲うか?って思ってしまいます。
    ハイチュウの止まり物はワタシのを見てもらえば厳しい距離だったとわかってもらえると思います^^;

    yamasemi_tさん♪
    こんばんわ!
    メラってたし、距離もあったから、ワタシもこんなに撮れてると思ってなかったので、とってもジェラシーです!!!
    mitsuのいうとおり、「あ、しそう」って思ったとき、おもいっきり連射する程度にはテンション上がったんでしょう。笑
    また別のところでも去年みたいに会えるかもですし、探してみたいと思います^^

  • みっちゃん

    / 返信

    ハイチュウの止まり物・・・凄い贅沢な上に、飛びながらの脱糞(笑)
    凄いですね~羨ましい!!の一言です。

    こちらにも、ハイチュウ♂は来ていますが、遠いですよ~。一応、証拠写真だけは撮って来ましたが・・・

    これから寒くなると、ますます冷えて、トイレに困りますよね。(私は極力、水分をとらないようにしています。膀胱炎になったら大変!!)
    くれぐれも体には気をつけてくださいね。

  • mitsu

    / 返信

    >みっちゃんさん
    コメントありがとうございます!
    確かに贅沢だと自分でも思います(*^_^*)
    ハイチュウは基本的に遠いですよね^^;
    僕もこの距離で撮れた事に満足しないといけないんですが、ついつい欲が出てしまいますね^^;
    僕は朝トイレに行ったら夕方まで持ちますよ(笑)

  • misaki

    / 返信

    みっちゃんさん♪
    おはようございます!
    飛びながらの脱糞、ぜ、贅沢ですよね!!笑
    あの下にはいたくないですが^^;
    トイレはしょうがないですよね!!
    水分控えても行きたくなるし、行ってる間に飛んだらしょうがないって思うようにしました^^;
    ガマンし過ぎは体に悪いですから、みっちゃんさんも無理なさらないように気をつけてくださいね^^

LEAVE A REPLY

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。