You are here:  / ケアシノスリ / ノスリ / ハチジョウツグミ / ホオジロ / ミヤマホオジロ / ムネアカタヒバリ / 強風の中のケアシノスリ成鳥など

強風の中のケアシノスリ成鳥など

今日は強風でデジスコ使いにとっては厳しい1日でした。
車内でも車外でも揺れまくり・・・。
何枚かはアップするような画像も残りましたが・・・。

ケアシノスリは誰にも見つからずにひっそりとブラインド気味のいいところにいました。
強風でしたが比較的近かったのでラッキーでした♪
中途半端な伸びでした^^;

ケアシノスリ Rough-legged Buzzard
学名:Buteo lagopus

写真をクリックすると大きな画像を表示します!!
IMG_2143
photo by mitsu

大きく口を開けたところも写せました!
舌も写って大満足です♪
IMG_1769
photo by mitsu

飛び出すフリ・・・。
IMG_1790
photo by mitsu

正面顔。
DSC_0185
ケアシノスリ photo by misaki

飛翔。
DSC_0322
ケアシノスリ photo by misaki

半分だけのび~!!
DSC_0266
photo my misaki

こちらはノスリ。
警戒心が強くていつも撮らせてくれませんが、幼鳥だったせいか撮らせてくれましたヽ(^o^)丿
DSC_9863
ノスリ photo by misaki

ムネアカ(?)タヒバリ証拠写真。
警戒心が強く、識別できるような写真が撮れませんでした(/_;)
IMG_0953
ムネアカ(?)タヒバリ photo by mitsu

次はmisakiのミヤマホオジロ!
緑の中にいるのは違和感があります。
DSC_9839
ミヤマホオジロの雄 photo by misaki

今度は雌。
この子は浜辺にいたのでびっくりしました^^;
DSC_0032
ミヤマホオジロの雌 photo by misaki

水のみ場発見!!
カワラヒワと2ショットで!
DSC_0038
photo by misaki

デジスコで!
カメラ目線・・・。
IMG_1368
photo by mitsu

枝どまり。
IMG_1259
photo by mitsu

ホオジロも水浴びに。
超かわいいです(*^_^*)
IMG_1373
ホオジロ photo by mitsu

なかなか激しいです(笑)
IMG_1445
photo by mitsu

その他、遠かったですがハチジョウツグミもいました。
DSC_9895
ハチジョウツグミとツグミ photo by misaki

とりあえず強風の中でのデジスコはきついので、明日あさっては風がマシになってほしいです・・・。

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-774 + TE-17W + IXY DIGITAL3000IS>
misaki <Nikon D300 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17EⅡ>

10 Comments

  • ヘロン

    / 返信

    おはようございます。世間は3連休ですね。 強風に悩まさせられましたか…。昨夜此方でも、風が吹き荒れてました。そのかわり、現在家の周りは黄色く霞みがかっていて、黄砂が飛んでいるように見え、アオゲラ、ゴジュウカラ、コゲラ、カシラダカ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ等の姿や声があります。 1枚目の写真、何タヒバリですかね。タヒバリ類だけに何か頭に”ピピッと(Pipit)”と来ないものですかね……(寒くして済みません)。 緑に映えるミヤマホオジロ♂、とても鮮やかで美しいですね。ミヤマホオジロ♀、個人的に1枚目の写真が特に可愛く思います。 写真の種カワラヒワは♂ですが、♀にもある黄色の翼帯は翼を広げたり飛ぶと目立ち、本種最大のeye catcherになりますが、今回の写真でもeye catcherとして翼帯が抜群に効果を発していて、且つ、鮮やかで綺麗ですね。良い場面を撮影されましたね。
    ケアシノスリ(A)も良く撮れてますね。もう、顔馴染みになっているのかもしれませんね。 写真のノスリももう少しで衣替えの時期ですね。確かにノスリは、じっくり時間をかけて警戒心を少しづつ解きながらでないと、近づいても直ぐに飛ばれてしまい、車をブラインドの代わりにしても近距離撮影には時間をかけて行うのが無難ですよね。今回はそういう意味では、比較的条件が良かったようですね。カラスだと、逆に私は成鳥よりも非成鳥の方が警戒心が強いように感じます。 お二人さんがケアシノスリのフィールドに行きだして間も無くの頃にも同じ内容の質問をしましたが、あれからケアシノスリを撮られてきて、本種とケアシノスリの警戒心の違いは感じられてますか? ケアシノスリの方が警戒心が薄いというのは、本当なのですかね!?
    このハチジョウツグミは、体下面の色が綺麗ですね。此方にも少数が渡来しますが、私はここ数年間この亜種には出逢ってないです。
    ところで記事と関係ないですが、お二人さんはヌートリアやマスクラットはご存知ですか?近所にもいますか?本当はどちらも日本へ人間が持ち込んだものが逃げて増え、日本の自然や環境では歓迎すべき動物ではないですが、ヌートリアの顔って正面からほのぼのしていて可愛いですね。身近にこんなのがいたら、撮ってみたいです。
    季節が進み、家ではミソサザイやコガラの囀ずりも聞こえ始めました。後、私は見てなく人から聞いた話ですが、近所にクマタカ!?が出ました。話を聞いて消去法で強いて残ったのがクマタカなのですが、”本当にクマタカ〜!?”と思っています。以下のような事を書くと、鳥専門の心ないパパラッチ族に餌を蒔くようで自粛した方が賢明なのかもしれませんが、日本国内でも本種の行動圏が人家近くに存在するケースがあるにはあるのですけど、今回は頭ではなく気持ちではクマタカとは違うような気がしています。

  • カコ

    / 返信

    先日はご訪問いただきましてありがとうございました
    昨日はcanonさんと四国の山の上でしたが、凄い風の音を聞きながら、風のあたらないところで写真を撮ったり・・・
    讃岐うどんを2件はしごして帰ってきました
    うどんのが本命だったような気がします(笑)

    いい写真をお二人でお撮りですね!!
    残り2連休の成果を楽しみにしています^^

    今後ともよろしくお願いいたします
    リンクさせて下さいm(_ _)m

  • misaki

    / 返信

    ヘロンさん♪
    こんにちわ!
    pipit、調べましたよ!
    タヒバリの英名までよくご存知ですね〜^^
    ケアシノスリはノスリよりも警戒心はだいぶ弱い気がします。
    ただノスリの中にも警戒心の薄い子もいるみたいですし、個体差でしょうか。。
    今季あきらめていたミヤマンに予想外の場所で出会えたのがうれしかったです♪

    カコさん♪
    コメントありがとうございます!
    昨日はほんとすごい風で、普段ならブレないSSが出ているのにブレまくりで手持ちは散々でした…(;´д`)
    カコさんきれいな写真撮りはるし、また楽しみにしてますね!!

  • vivi_kota

    / 返信

    ムネアカタヒバリの冬羽は見たことが無いので見てみたいです。
    小鳥を可愛らしく撮ってますね。
    私には真似できそうにありません。
    成鳥のケアシまで可愛く撮ってる(笑)
    口を開けたところはベストショットです。
    ハチジョウとツグミのツーショットは最高のタイミングですね。

  • mitsu

    / 返信

    >ヘロンさん
    1枚目の写真の最有力候補はムネアカです。
    タダのタヒバリではない事は確かです。
    ケアシノスリはノスリほどは警戒心が強くないですが、猛禽類なのでやはり警戒心が強いですね^^;
    このケアシ君にはさすがにもう覚えられてそうです(笑)
    マスクラットは知りませんが、ヌートリアは鳥に興味を持つ前にわざわざ探して写真撮った事があります。
    クマタカ、どうなんでしょうね。
    僕はあまり信用しない派です。

    >カコさん
    コメントありがとうございます。
    先日はお会いできて良かったです(^^)
    うどん食べに四国ですか!?
    僕らも○○エビ食べに来たって感じでした(笑)
    リンクの件、了解です。
    このブログのリンクにもカコさんのURL貼らせていただきますね!

    >vivi_kotaさん
    タヒバリ類は警戒心が非常に強く、撮影は難しいですよね。
    小鳥は小鳥自体がかわいいので、どう撮ったってかわいいですよ!!
    ケアシが口を開けたのはほんの一瞬で1回だけだったのですが、まぐれで1.4コマ/秒の連写で写ってました!

  • misaki

    / 返信

    vivi_kotaさん♪
    こんばんわ!
    ムネアカはワタシの知らない間にこっそりGETしてたみたいです・・・セコイ。笑
    ケアシの口を開けたところはほんとに一瞬で、あって思った瞬間にシャッター切っても間に合いませんでした。。
    デジイチなのにこんな瞬間を逃すなんて情けなしです。。。

  • 山鵜

    / 返信

    mitsuさん、misakiさん、こんばんは。
    これから暫くは行く鳥来る鳥寄る鳥の三拍子が揃うシーズンですね!お二方には、とんでもない出会いの予感が有りますね。今シーズンはミヤマホオジロやトラツグミと言った常連にまで振られ、落ち込み気味の山鵜です。未見のケアシノスリですが、ここで見させてもらうだけで何だか見たような気分です。

  • 海ちゃん

    / 返信

    こんにちは。
    ケアシは素晴らしいですね!
    今年は結局撮れませんでしたよ(泣)

    個人的にはホオジロの水浴びが好きです。口を開いたホオジロがなんとも言えません!
    今日は花粉症が酷くて外は辛いです(泣)

  • mitsu

    / 返信

    >山鵜さん
    こんばんは!
    来る鳥、去る鳥、今からまた忙しくなりますね!
    山鵜さんもそろそろ去年のような鳥運を発揮してくれるんでしょうね!
    ケアシはまた来年ゲットなさってください(^^)

    >海ちゃんさん
    海ちゃんさんのホオジロも素晴らしかったですが、水浴びもかわいくていいですよね!
    ケアシは奇跡です(笑)
    2度とこんなんは撮れないでしょう(^o^;

  • misaki

    / 返信

    山鵜さん♪
    こんばんわ!
    そんな寂しいことを言わずに来年ご自分で見に行ってくださいね^^
    これからの時期、山鵜さんのミラクルを楽しみにしてますよ〜☆

    海ちゃんさん♪
    こんばんわ!
    ケアシは目が覚めると近くにいました。。笑
    mitsuに感謝しながらパシャパシャ撮らせてもらいました^^
    ご飯を食べた後は必ず睡魔が襲ってきて、起きてられないんです…
    寝たろうなんです。。
    もうあのキョリで撮れることはないかなと思います^^;

LEAVE A REPLY

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。