You are here:  / アオジ / キビタキ / コガラ / ゴジュウカラ / ニュウナイスズメ / ノジコ / ノジコは初撮りやけど・・・

ノジコは初撮りやけど・・・

某島で帰りの船が出る寸前に発見したノジコでしたが、今日は朝一にゲットできました。
しかし遠かったのでテレ端撮影+トリミングです。
初撮りなのでよしとしましょう^^;
IMG_3824
ノジコ photo by mitsu

道端で物音がしたので見てみると、クロジアオジ♀でした。
DSC_0356
アオジ photo by misaki

寝ました(笑)
DSC_0373
photo by misaki

※寝ぼけながらブログを更新したので、misakiがアオジと言っているのに勝手にクロジとしてアップしてしまいました(;´瓜`)

その他ニュウナイスズメも繁殖地へ来ていました。
IMG_3927
ニュウナイスズメ photo by mitsu

高いお山は強風だったのでなかなかフレームに収まってくれませんでした。
IMG_3899
photo by mitsu

スズメとは違ったかわいさがあります。
DSC_0397
photo by misaki

雌もべっぴんさんですね。
DSC_0563
photo by misaki

雪の残るお山ではコガラちゃん。
DSC_0438
コガラ photo by misaki

ゴジュウカラはお口を開けていました。
DSC_0450
ゴジュウカラ photo by misaki

あとはまたキビタキ。
IMG_4111a
キビタキ photo by mitsu

同じカットをデジイチで。
DSC_0609
photo by misaki

高いお山での天然のお立ち台。
IMG_4014
photo by mitsu

都市公園とは違った背景なのがわかりやすいと思います。
IMG_4009
photo by mitsu

本当にきれいな鳥です。
IMG_3972
photo by mitsu

雪が残っているのにキビタキがいるのは変な感じでしたが、雪がらみは撮れず・・・(~_~;)
DSC_0596
photo by misaki

GWはなかなか調子が悪いですが、明日こそは・・・。

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-774 + TE-17W + PowerShot S90>
misaki <Nikon D300 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17EⅡ>

4 Comments

  • ヘロン

    / 返信

    御早う御座います。 昨日もお疲れ様でした。私もお二人さんに初お目にかかれ嬉しかったですし、一緒に鳥見出来て楽しかったです。風もあって全体的に鳥の出が悪く、ノジコももうちょっとサービスして欲しかったですが、これに懲りずにまたお越しください。
    撮られた写真は明るく気持ちの良い写真が多く、キビタキなんかも本来の美しさが更に極立ってますね。繁殖地入りしたノジコやニュウナイスズメも、此方の繁殖期の山地の鳥相の特徴の1つを現していますが、鳥が止まっている木や背景の木々の様子を見ても、此方の芽吹き始めの季節の雰囲気がとても良く出ていると思います。
    寝たホオジロ類ですが、顔がノジコの顔とは違いますし、腰の色が黄緑系だったのを思い出し、この2つの点を手がかりにして一応図鑑でアオジとノジコとクロジの方向から種類の判別したら、アオジ♀ではないかと見当がつきましたが、もしかしたらお二人さんも図鑑で確認されるかもと思い、写真をアップされてから次の事を考える事にしました。それで、写真拝見させていただいたのですが、胸や腹部に黄色味がある事から、アオジとノジコが残りました(クロジは♂♀共に夏羽・冬羽・年齢関係無く、身体下面に黄色味が無い)。その他にも写真からは、下嘴が肉色系の色である事(ノジコは、嘴全体が鉛色)、顔に眉斑がある事(ノジコは、顔に眉斑が無い)、白いアイリングがある事(アオジは、白いアイリングが無い)、外頬線らしきものがある事がわかるので、やはりアオジの♀か若鳥ではないかと私は考えます。小鳥が身体も膨らませていたのを写真でも確認出来ましたし、身体を膨らませる事によって若干大きさというかスタイル/プロポーションといった見た目の印象も違って来る可能性も否定出来ないように思います。もし宜しければ、再度図鑑で確認していただいて、その上で最終的な納得いく答えを出していたただければと思います。この小鳥がいた場所の周りには、クロジもノジコも共に囀ずったり地面にいたりしていましたし、アオジが居てもおかしくない環境でしたし、それだけでも種類の判断を難しくしていましたね。図鑑も車に置いておかずに、携帯していけば良かったなと思いました。

  • 山鵜

    / 返信

    mitsuさん、misakiさん、おはようございます。某島デビューですか!いつかは行きたいと思いますが、何時になることやら・・・この時期は行く鳥来る鳥が滞在して面白いのでしょうね。それにしてもこの時期は行き先に迷いますね!

  • misaki

    / 返信

    ヘロンさん♪
    こんばんわ!
    昨日は急なお願いを聞いていただきありがとうございましたm(__)m
    ヘロンさんのイメージからくる年齢とは全く違い、若くてビックリしました^^;
    こちらこそお会いでき、一緒に鳥見できて楽しかったです^^
    ヘロンさんの鳥の声の聞き分けはほんとすごかったです!
    勉強させてもらいました^^
    寝た鳥さんは図鑑を見ててアオジの♀かなと思ってたんですけど、mitsuに言うのを忘れてました^^;

    山鵜さん♪
    こんばんわ!
    念願の某島だったんですが、鳥数が少なく、キビタキに人が集まるくらいでした^^;
    泊まりたかったのですが、評判があまり良くなかったので日帰りにしてしまいました。。
    ワタシ達も最終日の明日どこ行こうか迷ってます^^;

  • mitsu

    / 返信

    >ヘロンさん
    こんばんは!
    昨日はありがとうございましたm(__)m
    ノジコさん、少し遠かったですが、撮れただけでも良かったです(^^)
    次回はもう少し近かったら尚うれしいです♪
    クロジの件、ご指摘ありがとうございます!
    寝ぼけて勝手にクロジとしてアップしていました(笑)
    それにしてもこの子、変な子でしたね。
    元気にしてくれていたらいいのですが・・・。

    >山鵜さん
    こんばんは!
    某島デビュー戦は惨敗に終わりました(T_T)
    この時期は当たり外れの差が大きいみたいなので、当たりの日に行ってみたいですね!
    今回は外れだったので大阪城以下の鳥数でした。。。

LEAVE A REPLY

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。