You are here:  / キレンジャク / ヒレンジャク / レンジャク激減

レンジャク激減

昨日あれほどいたレンジャクの群れでしたが、ピラカンサをどんどん食べ尽くしていったため、今日は数が激減していました。
残った数少ないピラカンサの前で三脚を置いて待っているカメラマンがいたため、いいところには全然降りてきてくれず、今日はイマイチでした。
少し下がって待っていたらいいシーンが撮れるのにねぇ(:;´.(Θ).`;:)
仕方なしにレンジャクの数も少ないけど、カメラマンのいないポイントで待つ事にしました。
写真はクリックすると1000×750または1000×664ピクセルに拡大します!!
DSC_3529
キレンジャク1

僕とmisakiも違うポイントで待ちましたが、misakiのポイントは普通にmisakiの至近距離に降りてきたようです^^;
DSC_3523
キレンジャク2

デジスコ以上の怒アップです。
デジスコだと逆に離れないといけないので、ここまで解像する事はありません・・・( ; ゚Д゚)
DSC_3489
キレンジャク3

日が射した瞬間。
やわらかな雰囲気が出ました。
IMG_0677
キレンジャク4

こちらは逆に冷たい雰囲気。
頭が「筆」みたいですね(笑)
IMG_1235
キレンジャク5

なんとか毛感がちょっと出せました。。。
IMG_1155
キレンジャク6

光を浴びるとお腹は完全に飛んでしまいますね(;´∀`)
IMG_1066
キレンジャク7

かわいい雰囲気の1枚。
IMG_0977
キレンジャク8

ヒレンジャクとの2ショット。
IMG_9330
キレンジャク9

ヒレンジャクは悪い顔してピラカンサをむさぼっていました。
DSC_2943
ヒレンジャク1

シンクロ。
DSC_3555
ヒレンジャク2

松止まり。
DSC_3508
ヒレンジャク3

振り向きざま。
IMG_8571
ヒレンジャク4

怒アップ。
IMG_1319
ヒレンジャク5

結論。
レンジャクはデジスコではお腹の毛感は出せません(T_T)
IMG_8519
ヒレンジャク6

大挙してやってきたレンジャク軍団も来週はもういないでしょう。。。
明日ですら怪しい雰囲気でした。
今季のレンジャク祭りはまだこれからもあるのでしょうか・・・。

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-774 + TE-17W + PowerShot S95>
misaki <Nikon D7000 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17EⅡ>

13 Comments

  • 山鵜

    / 返信

    ご両人、素晴らしい作品に加えて、山鵜へのメッセージのようなコメントまで添えていただきありがとうございます(大粒涙)出来ればコメントごとに反語を入れていただけると良かったのですが(笑)
     考えてみたらそんなに沢山の軍団が大挙してやって来たら、ビラカンサの実もアッと言う間でしょうね!来週は南天の実でも探さなくては・・・

  • ヘロン

    / 返信

    もうレンジャクの数減っていたのですか。何日間位、レンジャクがそこに滞在しているのか知りませんが、大群がいると実がなくなるスピードも凄まじいのでしょうね。
    近づきたい気持ちもわからないでもないですが、近づき過ぎると鳥が警戒して、かえって近づくという行動が裏目に出たりする事もありますよね。
    キレンジャク3番は、ノートリですか?だとしたら、数メートルの距離ですか!?misakiさんの装備でキレンジャク程の鳥をこれだけ大きく写すには、相当な至近距離ですよね。
    デジスコでレンジャクの体下面の毛感を出すのって、かなり難しいのですね。 レンジャク祭も良いですね。こちらは、レンジャクに代わってハギマシコが多い状況がまだ続いているようで、近場で出逢う場所もいつもの冬より多いです。

  • vivi_kota

    / 返信

    英名では Waxwing って入っているんですよね。
    レンジャクの毛感を出すなんて考えてませんでした(笑)
    misaki さんルール違反なくらい近いですね。
    シンクロの1枚がいい感じです。
    何を見ているのか気になります。

  • mitsu

    / 返信

    >山鵜さん
    奈良でも少数は来ているようですが、今回のような大群は来てくれるんでしょうかね!?
    それだけ豊富にレンジャクの餌があるポイントってあまりないですよね^^;
    ちょっと首の角度が厳しくなってしまったヤドリギのところで撮るか、赤い実のポイントで撮るか・・・悩ましいですね。

    >ヘロンさん
    いつから来ていたのかはわかりませんが、おそらくもう少し前から来ていて、僕らが行ったタイミングは終盤だったんだと思います。
    鳥って単独だと警戒心が薄いのに、群れると強くなったりする種もいますね。
    レンジャクもそうだと思います!
    misakiのは相当な至近距離だと思いますよ^^;

    >vivi_kotaさん
    Waxwing、なるほどって感じですね!
    レンジャクの毛感、永遠の課題になるかも知れません(^^ゞ
    misakiのはほんま「何で!?」って程近いです。。。

  • misaki

    / 返信

    山鵜さん♪
    こんばんわ!
    あれだけの数がわっとやってきてパクパクパクって食べて、を繰り返していたので、みるみるうちに実がなくなっていきました・・・
    昨日も、今日ならまだ大丈夫かなと思っていましたが、やはり少なかったです。
    でも!またどこかであの群れはお食事してるはずなので、山鵜さんの近くに来ているかもしれませんよ!!

    ヘロンさん♪
    こんばんわ!
    キレンジャク3番は、ノートリじゃないです。
    横で撮ったのを縦でかつかつにトリミングしてます。
    このときはピントが合いにくかったので、下がって撮ってますが、テレコン外して、300mでも近いくらいでも降りてきてましたよ^^;
    ハギマシコ、こちらでも多いみたいですが、ワタシ達は、大群ではなく、数羽くらいしか出会ったことがないです。。

    vivi_kotaさん♪
    こんばんわ!
    ほんと、近すぎやろ!!ってこっちが心配になりました^^;
    シンクロはワタシもお気に入りなんです♪
    vivi_kotaさんと好みが似ていますね!
    この場所はヒヨの縄張りっぽく、追い払ってましたが、レンジャクは数が多すぎて追い払いきれず、メジー1羽を追い掛け回してました^^;
    だから、もしかしたらヒヨを見ていたかもですね。

  • yamasemi_t

    / 返信

    こんばんは。
    背景も付いて綺麗な写真ですね。
    毛感の出にくい鳥だと思うのですが、これだけ
    はっきり写っていると気持ちいいですね。
    キレンジャクは以前そちらで撮っただけなので
    撮り直ししたい鳥です。

    今日の昼、来そうな場所を覗いてきましたが
    シロハラ、ツグミ、ヒヨが来てました(笑)

  • mitsu

    / 返信

    >yamasemi_tさん
    こんばんは!
    この子ら、ほんまにお腹がぼやけて嫌になってしまいます^^;
    そちらではレンジャクは赤ばっかでしたっけ!?
    こちらにキレンジャク+面白い鳥が出たら是非いらしてください(^^)
    僕も来そうなところを除いてみましたが、全てヒヨドリでした(泣)

  • misaki

    / 返信

    yamasemi_tさん♪
    こんばんわ!
    毛感は近くないと出ないから、土曜日は諦めてました。
    日曜日に毛感リベンジのつもりで出かけたので、近くで撮れてよかったです♪
    他のきそうな場所では見ないです・・・
    シロハラやツグミがいるだけマシですよ^^;

  • ヘロン

    / 返信

    鳥のおもしろ私生活(ピッキオ編著)のヒレンジャクのページ(148項)には、写真付きで「翼の羽の先端に赤いしずくのようなロウ状の物質がついているのが英名の由来」と書いてありますし、Waxはロウ状の物質、wingは翼の事ではないでしょうか!?なので、毛感の出具合とWaxwingを英名につけた理由は関係性はないと思います。只、ヒレンジャクに関して言えば、この私の見解は揺らいでます。というのは、この写真は翼の部分は次列風切と私には感じるのですが、私の手元の図鑑は、ヒレンジャクの次列風切の先端のものはロウ状の物質ではないとする図鑑やヒレンジャクの翼にロウ状の物質がついてると一言も書いてない図鑑の方が多く、ヒレンジャクの英名の由来は実際はどうなのだろう?という考えも、実は私にはあるからです。 キレンジャクには羽毛が変化したロウ状の物質がついている翼の箇所があるので、キレンジャクの英名にWaxwingがついているのは私は納得がいってます。キレンジャクには、翼だけでなく尾羽にもロウ状の物質がついている個体もいるそうですね。恐らく、メインは翼なのでしょうが、ついている箇所を次列風切だけをメインにしている図鑑があったり、次列風切と三列風切をメインにしている図鑑があったりしてますね。

  • mitsu

    / 返信

    >ヘロンさん
    今手持ちの辞書等で調べたら載っていました^^;
    勝手に思い込んでましたが、キレンジャクの次列風切りの先端の赤い部分の事だったんですね。
    キレンジャクにあってヒレンジャクにないのも不思議ですし、いったい何のためにあるのかも不思議ですね。
    このろう状の物質の役割についての記述はまだ見つけられていません。
    ほんま不思議ですねぇ・・・。

  • R.Ptarmigan

    / 返信

    こんばんは。 御無沙汰しています。

    1/29、友人から連絡をもらって、私もレンジャク祭りに遭遇しました
    (といっても、mitsuさん、misakiさんとは、違う場所だと思います)

    当方が見た場所では、人通りが少ない時には降りてこず、
    人通りがありそうな時に降りて来て、人や自転車が来ると、上に飛び立つという動きを繰り返していました。

    今更ながら思うのですが、あの光景は、動画で撮っておくべきでした・・・

  • mitsu

    / 返信

    >R.Ptarmiganさん
    こんばんは!
    もしかしたらレンジャク祭りは同じところかも知れません。
    僕らが1/29に撮影したレンジャクも同じような動きをしていました。
    詳しい場所は書けませんが、京都市内での撮影です。
    今季はまだヤドリギに来るレンジャクを撮れていないので、それが課題です。

  • misaki

    / 返信

    R.Ptarmiganさん♪
    こんばんわ!
    同じ場所かもですね!
    もしかしたら?という人を見たような気がしますし・・・

LEAVE A REPLY

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。