You are here:  / タシギ / チュウジシギ / お尻ふりふりチュウジシギ幼鳥

お尻ふりふりチュウジシギ幼鳥

チュウジシギの幼鳥だろうと思いつつ、もしかしたらピン(針尾)かも…なんて淡い期待を抱きつつ粘って撮りました。
結果、ピン(1羽)でしたがピン(針尾)ではありませんでした^^;
まぁ、チュウジシギでもここまで幼羽の残っている個体もあまり見かけませんし、十分にうれしい出会いでした(^^)

チュウジシギ Swinhoe’s Snipe
学名:Gallinago megala

写真をクリックすると大きな画像を表示します!!

チュウジシギ by mitsu

粘った甲斐あって伸びを披露してくれましたが…

チュウジシギ by mitsu

やはりチュウジシギでした(^_^;)
DSC06479
チュウジシギ by mitsu

幼羽がかなり残っており、よく見る個体とは印象が違います。
DSC06520
チュウジシギ by mitsu

見つけた時はこんな感じでした^^;

チュウジシギ by mitsu

misakiの写真です。

チュウジシギ by misaki

このまま右見たり左見たり、顔をそっぽ向けたりでした。

チュウジシギ by misaki

針だったら良かったんですが・・・(;´Д`)

チュウジシギ by misaki


チュウジシギ by misaki

ぶるぶる。

チュウジシギ by misaki


チュウジシギ by misaki

畔には普段見ない変わった色合いのタシギもいました。

タシギ by mistu


タシギ by misaki


タシギ by misaki

この個体はよく見る雰囲気ですが、雨に濡れて黒っぽく見えました。

タシギ by mistu

なんか赤ちゃんみたいなチュジシギ。

チュウジシギ by misaki


チュウジシギ by misaki

ミミズゲット!

チュウジシギ by misaki

きゅっとお尻の上がった子でした(笑)

チュウジシギ by mitsu

雨の中の典型的なチュウジシギ。

チュウジシギ by mitsu

ISO400での撮影ですが、RX100はノイズが全然気になりません。

チュウジシギ by mitsu

最後にアオシギ風のチュウジシギの動画です(笑)

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-884 + TE-17W + SONY DSC-RX100>
misaki <Nikon D7000 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17EⅡ>

LEAVE A REPLY

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。