You are here:  / トウネン / 標識個体 / トウネン(フラッグ付等)

トウネン(フラッグ付等)

フラッグ付の個体はロシアのチュコト半島南部で放鳥された個体だとわかりました。

海岸にトウネンの群れがいました。
それぞれが色んな姿を見せてくれたので楽しめました。

トウネン Red-necked stint
学名:Calidris ruficollis

写真をクリックすると大きな画像を表示します!!

トウネン by mitsu

1羽たたずむ子。

トウネン by mitsu

水浴び中の子。

トウネン by mitsu


トウネン by mitsu


トウネン by mitsu

水浴びしながらあへあへしてました。

トウネン by mitsu


トウネン by mitsu


トウネン by mitsu


トウネン by mitsu


トウネン by mitsu

小さい獲物ゲット!
タイヤ痕がアクセント。

トウネン by mitsu

小群の飛翔。

トウネン by mitsu


トウネン by mitsu

立体感のある1枚。

トウネン by misaki

波打ち際で集団お食事。

トウネン by misaki

波が来たら逃げます。

トウネン by misaki

ミユビシギのようには統制が取れていないので、なかなかこのシーンは難しいです。

トウネン by misaki

こっちへ飛んできます。

トウネン by misaki


トウネン by misaki


トウネン by misaki


トウネン by misaki

テトラの陰で休んでいる子たち。

トウネン by misaki


トウネン by misaki

障害物競走(笑)

トウネン by misaki

中にはフラッグ付の個体がいました。
リングの刻印を読めるぐらい鮮明に撮るのは難しいですが、がんばって一周撮影しました。
刻印を読むと、上段には「KS18198」とあり、下段には「MOSKVA」と書いてありました。
早速画像を山階鳥類研究所に送ったところ、ロシアのチュコト半島南部で放鳥された個体だとわかりました。
その後ロシアからも回答があり、2012年7月14日にチュコト半島のMeinypilgyno Village,Anadyr District (62d34mN 177d04mE)で放鳥されたそうです。
放鳥時は綿毛のヒナだったそうです。


トウネン by mitsu

最後に光線が悪くて色が出ていませんが、水浴びの動画です。

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-884 + TE-17W + SONY DSC-RX100>
misaki <Nikon D7000 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17EⅡ>

9 Comments

  • マウス

    / 返信

    mitsuさん、misakiさん、今晩は。
    お久しぶりです。
    お元気でご活躍されていますね~
    フラッグ付きトウネンを撮影されていますね!!
    私もこの5月に撮影しました。
    私のはオーストラリア北部で放鳥されたものでした。

    私事であまりフイールドに出かけれなかったもので・・・。
    今後は少しづつ出かけて行きます。
    また、よろしくお願いいたしますね~

  • fukino

    / 返信

    遠征されたんですね♪
    個人的には2枚目のmitsuさんのが好みなんですが
    misakiさんの「波が来たら逃げます。」はオリジナリティーのある構図で良いですね!
    目に焼き付けましたので無意識にマネしてしまったら御免なさい^^;

  • misaki

    / 返信

    マウスさん♪
    こんばんわ!
    今回のフラッグ付きの子は、完全にmitsuに丸投げしました!笑
    これからの時期は暑さもマシになるし、鳥見も快適にできるでしょうから楽しみですね!
    またどこかでばったりを期待してます!

    fukinoさん♪
    こんばんわ!
    佇む系もいいですよね!
    ワタシの横長トリミングはmitsuのアドバイスですよ!笑
    波から逃げる感を出すのにローアングルで撮ったんですが、横長にしたらより良かったです!
    ワタシもいいと思ったらまた使うので使っていきましょう!笑

  • mitsu

    / 返信

    >マウスさん
    お久しぶりです(^^)
    5月に見られたのはオーストラリアで越冬していたんですね。
    僕らが見たのはロシア産ですが、越冬地はどこなんでしょうね!
    今年生まれなので再度越冬地で見つからないとわかりませんね。
    またよろしくお願いしますm(__)m

    >fukinoさん
    ありがとうございます!
    トウネンはどこでも見る事ができる鳥ですが、やはりロケーションによって全然印象が違いますよね!
    鳥の種よりもロケーションでよく遠征したります。

  • KIKO

    / 返信

    mitsuさん、misakiさん、こんばんはー。
    ご無沙汰しております、ロケーション良いですねー!!
    この連休そちら方面に遠征してました。
    落ち武者さんと、犬を見に・・・・(笑)
    2日目に海岸に行きましたがミユビ、アジサシさんがたくさん居ました!!同じ海岸かな?
    一度行ってみれば近いものでまたお邪魔するかも・・・
    さすがに日帰りはしんどいですがね・・・・

  • mitsu

    / 返信

    >KIKOさん
    こんばんは!
    落ち武者さん・・まだいたんですね^^;
    犬はいいシーンに出会えたようで非常にうらやましいです!!
    海岸は多分別の海岸です^^;
    人があまり来ないところなので・・・(笑)
    こちらとそちら、さすがに日帰りはしんどいと思いますが、1泊できるなら全然近いですね!
    また来てください(^^)
    僕らもまた伺います!

  • JIN

    / 返信

    mitsuさん、misakiさん、
    だいぶご無沙汰しておりました。今年は色々ありまして鳥見どころじゃありませんが時間の許す限り私なりに観察しております。トウネン可愛くて大好きな野鳥です。そろそろこちらも近くの浜辺に行かないと行けませんが・・・TOP画像のシギに会いたくて(笑)。

  • mitsu

    / 返信

    >JINさん
    お久しぶりです(^^)
    ご無理なさらず、マイペースで鳥見を楽しんでください!
    マイペースでも楽しめるのが鳥見のいいところだと思いますので^^;
    浜辺で色んなシギを見つけてくださいね!
    今年はそちらにも遊びに行こうと思っています!

  • misaki

    / 返信

    KIKOさん♪
    こんばんわ!
    ここはロケーションがいいので楽しめます^^
    アジサシいっぱいって贅沢ですね!
    日帰りはしんどいし1日だけってもったいないので、ワタシは泊まりが好きです!笑

    JINさん♪
    お久しぶりです!
    時間に余裕がある時に無理せず楽しめたらいいですね!
    TOP画像のシギはワタシ達もまた会いたいと思ってるシギです^^

LEAVE A REPLY

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。