You are here:  / コウライウグイス / チゴモズ / ノゴマ / ヒメイソヒヨ / 島の鳥色々。

島の鳥色々。

島で撮った鳥の詰め合わせです(笑)
まずはノゴマの雄と雌(と思われる個体)です。

僕が見つけた雄は逆光のところでずっと背を向けていました。
こっちを向けと念じながら待っていると、一瞬だけ振り返ってくれました。
なかなか後ろ向きなヤツです(笑)

写真をクリックすると大きな画像を表示します!!

ノゴマ by mitsu

misakiは若干遠かったですが、ウドがらみのいいカットを。

ノゴマ by misaki

そして雌と思われる個体が鳴いていました。
テリトリーコールでしょうか。

ノゴマ by mitsu

misakiは同じポイントで違う時間に聞いた事がない鳴き声が聞こえたので、口笛拭いたら出てきたとか・・・ほんとかよっ(笑)

ノゴマ by misaki

他にはコサメビタキや・・・

コサメビタキ by misaki

愛想はいまいちでしたがサメビタキ。

サメビタキ by mitsu

見たという証拠だけ載せときます(笑)

ヒメイソヒヨ by mitsu

有名なハチジョウツグミ(笑)

ハチジョウツグミ by mitsu

鳥居バックのカワラヒワ。

カワラヒワ by misaki

シメは菜の花を食べていました。

シメ by misaki

島で撮ったがタダアオジ。

アオジ by mitsu

至近距離でビンズイ。

ビンズイ by misaki

かなり遠くにアカハラダカ。

アカハラダカ by misaki

ホトトギスはかいかいしていました。

ホトトギス by mitsu

愛想の悪いチゴモズを見つけましたが、目先が白いので雌ですね。

チゴモズ by mitsu

misakiは僕よりも少し遠くなってしまいました^^;

チゴモズ by misaki

雄もいましたが、雄もまた愛想が悪かったです・・・。

チゴモズ雄 by mitsu

引き絵でしか撮れません。

チゴモズ by misaki


チゴモズ by misaki

ほとんどがこんな枝かぶりしまくりの中でした。

チゴモズ by misaki


チゴモズ by misaki

サンコウチョウの雌も松林の中を飛び回っていて、全然撮らせてくれません。

サンコウチョウ by mitsu

一番愛想が悪かったのはこのコウライウグイスの若。
かなり遠くに一瞬だけ止まったのを何とか証拠だけ^^;
普段ならこんな悲惨な写真はアップしたくないですが、まぁ証拠という事で・・・。

コウラウグイス若鳥 by mitsu

サンショウクイ。
水浴び後でしょうか。

サンショウクイ by misaki


サンショウクイ by misaki

頭部は見えないけどセンダイムシクイと思われる。
BIRDER誌2011年3月号のムシクイ類パーフェクトバイブルは必見です。

センダイムシクイ by mitsu

亜麻色でないアマサギ飛翔。

アマサギ by misaki

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-884 + TE-17W + SONY DSC-RX100>
misaki <Nikon D7100 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17EⅡ>

LEAVE A REPLY

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。