You are here:  / ハリオシギ / 2羽のハリオシギ幼鳥とその尾羽

2羽のハリオシギ幼鳥とその尾羽

この3連休はずっとジシギを追いかけていました。
今日はその中から尾羽が撮れた2羽のハリオシギ幼鳥です。
3連休の初日に見つけていましたが、かなり遠いところにいて、しかも逆光・・・。
2日目は少し距離はマシでしたが、光線のが悪く写真にはならないところ・・・。
毎日非常に暑く、日中はほとんど動きませんでした。
しかし、最終日の早朝にようやく撮影できる距離で発見。
その後、近づいて来てくれて、尾羽の「針尾」も見せてくれました。

ハリオシギ Pintail Snipe
学名:gallinago stenura

写真をクリックすると大きな画像を表示します!!
P3200580
ハリオシギA by mitsu

日の出直後の6:32に見つけました。
P3180209
ハリオシギA by mitsu

この個体は元々赤っぽい個体でしたが、朝日を浴びてよりいっそう赤く見えます。
P3180582
ハリオシギA by mitsu

2羽で上空を警戒中。
P3190685
ハリオシギA by mitsu

地面だけでなく、こんなとこも突いていました。
P3190746
ハリオシギA by mitsu

P3200666
ハリオシギA by mitsu

至近距離で羽繕いをしだしました。
細くて短い「針尾」が7枚見えています。
P3200213a
ハリオシギA by mitsu

ハリオシギAの尾羽のドアップを。
中央尾羽はおそらく10枚。
P3200418尾羽
ハリオシギA by mitsu

外側尾羽は8枚にも見えますが、端っこの羽軸のせいでそう見えるだけで、実際は7対ですね。
P3200327外側尾羽
ハリオシギA by mitsu

ここからmisakiの個体Aの写真。
DSC_2731
ハリオシギA by misaki

DSC_2855
ハリオシギA by misaki

misaki曰く、う○こ滝らしいです(笑)
DSC_2861
ハリオシギA by misaki

なぜかTMレボリューションを想像してしまいます(笑)
DSC_3377
ハリオシギA by misaki

ぶるぶる。
ぶるぶる中にも「針尾」がはみ出していました。
DSC_3436
ハリオシギA by misaki

羽づくろい中にはばっちり。
DSC_3600
ハリオシギA by misaki

奇跡の日光浴です!!
DSC_3808
ハリオシギA by misaki

そして、もう一方の個体も幼鳥ですが、こちらは焦げ茶っぽい個体です。
P3190188
ハリオシギB by mitsu

P3190222
ハリオシギB by mitsu

警戒心が強く、他の鳥の鳴き声がしたり、物音がするとすぐに伏せて低くなります。
P3190610
ハリオシギB by mitsu

ごちゃごちゃの中を動き回って採食していました。
P3190739
ハリオシギB by mitsu

P3200644
ハリオシギB by mitsu

P3200770
ハリオシギB by mitsu

P3200804
ハリオシギB by mitsu

ここからmisakiの個体B。
うぐっ。。。(笑)
DSC_2393
ハリオシギB by misaki

ちょっとえぐいですね(^-^;
DSC_2395
ハリオシギB by misaki

ミミズが喉を通っていく様子がわかります。
DSC_2402
ハリオシギB by misaki

くえ~。
DSC_2471
ハリオシギB by misaki

途中、かなり眠たそうでした。
DSC_2493
ハリオシギB by misaki

DSC_3183
ハリオシギB by misaki

個体Bも奇跡的に日光浴をしてくれたので、尾羽がばっちりです。
DSC_3962
ハリオシギB by misaki

最後にハリオシギの採食風景と羽づくろいの動画です。

2014年9月 沖縄県

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-884 + TE-17W + Panasonic DMC-GM1K>
misaki <Nikon D7100 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17EⅡ>

4 Comments

  • M2Bird

    / 返信

    ハリオシギの針尾ゲット、おめでとうございます。
    素晴らしい写真の数々、さすがですね!

    こちらでもジシギは結構入ってますが、飛ばしまくりでなかなか写真が撮れません。
    たまに撮れても、尾羽までは撮らせてもらえなくて(;_;

  • ちょびん

    / 返信

    mitsuさんもmisakiさんも見事に綺麗な針の尾を撮られてさすがです!
    バッチリわかりますね。
    近くでこんなのを見せてもらえるなんて羨ましい限りです。

    私もその後、怪しい子を2個体ほど見たのですが、厳しい撮影ばかりで証拠はつかめずあやふやなままです。^^;
    9/7に見た子は多分ハリオだと思うのですが・・・。
    私も針の尾をわかるように撮りたいです。

  • mitsu

    / 返信

    >M2Birdさん
    ありがとうございます!
    ハリオシギの針尾は伸びをしても見えない事が多く、撮れずに終わるかとヒヤヒヤしていました(^^;
    まさかここまで鮮明に撮れるとは思ってもみなかったので、撮った後は夢じゃないかと心配になりました(笑)
    ジシギは入る場所によって警戒度合が違うので、撮りにくいフィールドは本当に撮りにくいですね・・・。

    >ちょびんさん
    こればっかりは運です(^^;
    運に恵まれました(^^)
    ちょびんさんとこは怪しい個体が多いですね!
    チュウジシギの幼鳥とハリオシギの幼鳥は酷似するので、怪しい個体は是非とも尾羽を押さえてすっきりしたいところですね。
    こちらではチュウジシギも幼羽を多く残す個体は滅多に見られないので、チュウジシギでもほぼ幼羽の個体とかは出会えるとうれしいです。

  • misaki

    / 返信

    M2Birdさん♪
    ありがとうございます!
    沖縄のジシギは何となく、こちらのジシギよりのびとかしてくれなくて、尾羽が撮りにくい印象でした(^_^;)
    粘り強くないワタシ達ですけど、ジシギに対してはかなり粘っこいです!笑

    ちょびんさん♪
    一緒に行動していた2個体とも、近くで日光浴してくれたのはかなりラッキーでした!
    ちょびんさんとこもあやしい個体が見られたりと、いつもうらやましいな〜って思ってます(^_^;)
    できたら地元でハリオを見つけたいなって思うので、また次のジシギシーズンもがんばります!

LEAVE A REPLY

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。