You are here:  / カラフトムジセッカ / チゴモズ / チゴモズとカラフトムジセッカ

チゴモズとカラフトムジセッカ

週末は念願のチゴモズにやっと会えました。
その代償に初めてヌカカに刺されました・・・。
両手の甲だけで60カ所以上・・・。
今年の島はヌカカが異常発生していて非常にヤバイです。。。
島へ渡る方は十分にご注意ください。

まずは最初に撮ったチゴモズです。
逆光でしたが何とか撮れました。

チゴモズ Tiger Shrike
学名:Lanius tigrinus

写真をクリックすると大きな画像を表示します!!

チゴモズ by mitsu

同じシーンを違う角度から。

チゴモズ by misaki

これは2日目に松の木の中のごちゃごちゃの中にいるのを見つけました。
遠かったです。。。

チゴモズ雌 by misaki

撮っていた時は気付かなかったのですが、過眼線の目先に淡色部があり雌のようです。
したがって1日目の個体とは別個体のようです。

チゴモズ雌 by misaki

過眼線の目先の部分が明らかに白いですね^^;

チゴモズ雌 by misaki

上の個体を撮っていた時は僕ら2人だけだったので他の人たちは撮れていないと思っていたら、聞いたら別のポイントで大サービスしていたとの事・・・。
おかしいなと思ったら、どうやら別個体だとわかりました^^;

チゴモズ by mitsu

陽炎がすごかったですが、連写していたら何枚かは見れる写真がありました。

チゴモズ by mitsu


チゴモズ by mitsu

misakiの方がすっきりした背景で撮れていました。

チゴモズ by misaki


チゴモズ by misaki

S100はコンデジの割にはダイナミックレンジが広い方だと思いますが、直射日光では白い部分が飛びまくりです。。。

チゴモズ by mitsu


チゴモズ by misaki

すっきりとしていて背景のボケがきれいに出ました。

チゴモズ by mitsu

北の大地で撮ったかのような雰囲気の1枚。

チゴモズ by misaki

島っぽい!?

チゴモズ by misaki

アクロバティック!!

チゴモズ by misaki

最後にライファーのカラフトムジセッカの証拠写真と証拠のさえずり音声です。
朝一ノゴマのさえずりと一緒に聞きなれない囀りが聞こえたので録音しました。
そしてその囀りの主がこの鳥です。

カラフトムジセッカ by misaki

ピント外した証拠写真ですが、どんな鳥かはわかると思います。

カラフトムジセッカ by misaki

上の鳥のさえずりの音声です。
再生ボタンを押して聞いてみてください。

この他にも成果がありましたので、近々アップします。

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-884 + TE-17W + PowerShot S100>
misaki <Nikon D7000 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17EⅡ>

LEAVE A REPLY

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。