You are here:  / 未分類 / ジャパン・バード・フェスティバル2011

ジャパン・バード・フェスティバル2011

misakiが全日本鳥フォトコンテストで、生態・行動部門と環境部門の2部門で入選したので、昨日はジャパン・バード・フェスティバル2011(JBF2011)の開催地である千葉県我孫子市まで行ってきました。

とりあえずまずは戦利品を紹介します。

写真をクリックすると大きな画像を表示します!!

キビタキのクリアファイルと、キビ団子等のお手玉です。
インテリアとしても使えますし、ファスナー付きの物は小銭入れやメディア入れ、薬入れなどに使えそうです。


これはオオタカの携帯ストラップですが、カバンにつけてみました。
小鳥の物やフクロウの物は多いですが、タカはなかなかありませんね。

次はmisakiの入選作品を紹介しますね!

生態・行動部門入選「うぐっ・・・」

カラフトアオアシシギが大きな獲物を食べるところですが、苦しそうです。
口が裂けそうなくらい大きく開けて食べようとしていますね!
「シギが大きなものを食べているのはよく見ますが、口がこんな形で大きく開くとは思っていませんでした。」(misaki談)

環境部門入選「命をつなぐ」

これは大雪の日に撮ったヒレンジャク。
20cmほど積雪して、この柿の木ぐらいしか食糧がなかったんでしょう。
ヒレンジャク以外にもツグミやシロハラが集まってきていました。
僕は近すぎて大きくしか撮れませんでしたが、misakiはテレコンを外してノートリでちょうどいい距離だったみたいです。

審査員は石丸喜晴さん(たーぼ♪さん)・叶内拓哉さん(野鳥写真家)・戸塚学さん(野鳥写真家)・♪鳥くん(我孫子市鳥の大使)の4名で、昨日はその4名による総評・講演もありました。
講演ではトップバッターに僕の応募したカラフトアオアシシギが使われており、とても面白かったです。
その写真がこれです。

自分の写真がああだこうだ言われるのは非常に面白かった。
鳥くんがカニはここで良かったのか聞くと、叶内さんは前にあった方がよいとおっしゃり、石丸さんと戸塚さんはこの後ろでいいとおっしゃってました。

僕の狙いは、カニが食べられると思って観念していたのに、カラフトアオアシシギが素通りして食べられずに済んで拍子抜けした表情が面白いと思ったのですが、叶内さんにはわかってもらえなかったのかな^^;
決してカラフトアオアシシギの図鑑写真ではありません(^_^;)
後で石丸さんと戸塚さんとはお話する機会があったのですが、とりあえずお二方は僕の意図をわかってくださっていました。
カニの右目にカラフトアオアシシギの足が被ってしまったのも悪かったみたいです。。。
misakiの「うぐっ・・・」と被ったので競合したのですが、結局misakiの「うぐっ・・・」に負けてしまったようで残念でした(笑)

来年はこの講演で聞いた内容を意識して、また応募しようと思っています。
入選したらまた行くと思います(笑)

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-774 + TE-17W + PowerShot S95>
misaki <Nikon D300 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17EⅡ>

8 Comments

  • ともべい

    / 返信

    入選おめでとうございます。
    いずれも素晴らしい写真です!
    ブログはいつも楽しみにしてますよ。
    これからも、ええのを見せてくださいね。

  • ♪鳥くん

    / 返信

    あ!こんなところに。
    撮影した方の話も、こうして見れたり、
    聴けると、楽しいですね。
    (カラフトのくだり)
    通りすがりで、見かけたので書いてみました。

  • mitsu

    / 返信

    >ともべいさん
    ありがとうございます!
    今後もブログを見たいと思っていただけるよう、また、来年は入選できるようがんばります(笑)

    >♪鳥くん
    通りすがりにコメントいただきありがとうございます!
    まさか♪鳥くんからコメントいただけるとは思ってなかったのでびっくりしました!
    ♪鳥くんの司会、めっちゃ面白かったです♪
    来年もあの楽しいお話を聞くために、JBFに足を運ぼうと思います(^^)
    来年は僕のも選んでくださいね(笑)

  • misaki

    / 返信

    ともべいさん♪
    ありがとうございます!
    いつも見ていただいてうれしいです^^
    ええのが撮れるように休みの日はなるべく出かけて頑張ります!

    ♪鳥くん♪
    コメントありがとうございます!
    コンテストはタイトルしかつけれないので、バックグラウンドが書けません。
    でも、1枚の写真からだけで、それを汲み取ることができる審査員の方々はさすがです。
    今後は1枚の写真のみで言いたいことが伝わるような写真が撮れるようになりたいです^^;

    今回、初めてのJBFでしたが、♪鳥くんと他の審査員の方との掛け合いがとてもおもしろかったので、また行きたいと思います!

  • vivi_kota

    / 返信

    クリックしたら大きくなったのでホッとしました。
    さすが入選作品です。
    素晴らしいですね。
    mitsu さんのカラフトアオアシシギのタイトルは何だったんでしょう。

  • crawlingAP

    / 返信

    どの写真もすばらしいです。個人的にはヒレンジャクのが好みですが。
    カラフトアオとカニの表情の対比はとてもユーモラスですね。確かにカニの位置で、その状況の読み取りやすさが決まると思いますが、どこにカニを配置すればベストだったのかは、本当に難しいところですね…。

  • mitsu

    / 返信

    >vivi_kotaさん
    入選作品はブログにアップしたときもやはり好評でしたね(^^ゞ
    僕のは「あれれ!?」なんですが、もう少しタイトルも考えた方が良かったようです(笑)

    >crawlingAPさん
    初コメントありがとうございます!
    ヒレンジャクはやっぱりみなさんいいって言ってくれます(^^)
    カラフトとカニですが、若干迫力に欠けてわかりにくかったかも知れません^^;
    自分的には面白い写真だったんですが、大勢の方が同じように思うような写真でなければ入選は難しいかも知れませんね!
    来年がんばります!

  • misaki

    / 返信

    vivi_kotaさん♪
    こんばんわ!
    A4サイズで見るともう少し良く見えました!笑
    レンジャクはA4に耐えれる画質じゃないと思っていたんですが、大きい分、そんな近づいて見るものじゃないのでそこまで目立ちませんでした^^;

    crawlingAPさん♪
    コメントありがとうございます!
    コンテストに出すと決めた時にこの2点はすぐに浮かびました^^
    その感覚が審査員の方々と合っててよかったです^^

LEAVE A REPLY

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。