You are here:  / アオバト / オオソリハシシギ / オバシギ / ミサゴ / 海岸の鳥達

海岸の鳥達

今日は海水を飲みに来るアオバトを撮ろうと思ってでかけました。
アオバトポイントに行く前に海岸を覗いたら「修二と彰」風のオオソリハシシギがいたので撮影しました。

写真はクリックすると1000×750または1000×664ピクセルに拡大します!!
IMG_0251
オオソリハシシギ photo by mitsu

2羽で飛んで行きました。
DSC_7228
photo by misaki

misakiはピンクのクチバシと大きなお目目がお気に入りだそうです。
DSC_7229
photo by misaki

オバシギのぱっくんちょ!
いったい何を食べているんでしょうね^^;
IMG_0499
photo by mitsu

飛翔。
食べすぎででっぷりしています(笑)
DSC_7072
photo by misaki

まん丸具合が一際目立つメダイチドリがいましたが、タダのメダイチドリでした。
IMG_0310
メダイチドリ photo by mitsu

別個体。
IMG_0404
photo by mitsu

こちらはシロッチさん。
IMG_0445
シロチドリ photo by mitsu

この子も違和感を感じましたが、やっぱりタダのトウネンさんのようです。
IMG_0378
トウネン photo by mitsu

この子はよく寝ていました。
DSC_7181
photo by misaki

ダイゼンも飛んできました。
IMG_0725
ダイゼン by mitsu

やっぱりmisakiは飛翔写真で。
全てMFでの撮影です。
DSC_7209
photo by misaki

こんな感じで密集したこともありました。
知らない間にキョウジョシギ幼鳥も写っていました(爆)
DSC_7084
photo by misaki

その後アオバトが海水を飲みに来る海岸に行きましたが、アオバトは全然飲みにきません。
暇つぶしに遠くのミサゴの飛び物をデジスコで。
IMG_1033
ミサゴ photo by mitsu

近くへ来ました。
意外ときれいに写っていましたが、ズームしていたので周辺減光が目立ちます。。。
IMG_1040
photo by mitsu

トビモノ師は背景つきで撮ってました。
DSC_7296
photo by misaki

お待ちかねのアオバトが来ましたが、警戒心が強く、シャッター押せるのは遠いとこだけ・・・。
IMG_0948
アオバト photo by mitsu

misakiにはなぜか警戒しない?
DSC_7264
photo by misaki

いつもはmisakiが警戒されるのですが・・・(汗)
DSC_7268
photo by misaki

1回だけ海水を飲みに降りてきました。
IMG_1046
photo by mitsu

ゴクゴクゴクと・・・。
DSC_7323
photo by misaki

撮影機材
mitsu <KOWA TSN-774 + TE-17W + IXY 30S>
misaki <Nikon D300 + AiAF-S Nikkor ED300mmF4D + TC-17EⅡ>

10 Comments

  • ともべい

    / 返信

    遠征お疲れ様です。
    なんと、潮舐めゲットされているじゃありませんか~
    粘りましたね。
    私は二度とも振られました・・・(^^ゞ

  • 山鵜

    / 返信

    m&Mさん達も海でしたか!
    今日は山鵜も海に行って幾つかライファーに出会えました。オバシギも恥ずかしながらライファーでしたが、なんと偶然鬼に会っちゃいました!
     特徴のある嘴なので多分間違いないと思うのですが(笑)

  • vivi_kota

    / 返信

    一度行ってみたい場所なんですが、出不精なので。
    アオバト意外にも色々いるんですね。
    知りませんでした。
    今日、MFで撮ってみました。
    ほとんどピンぼけです。
    コツは?
    練習のみですかね。やっぱり。
    天性と言われたら、練習止めます(笑)

  • ヘロン

    / 返信

    違うかもしれませんが、今回は半島を抜け出して東へ遠征されたのですか?鰻や水泳大会、寿司や運河なんかを思い出しました(笑)。私も随分昔に、漬物工場の敷地内の塩水を求めて付近に集まる100羽程のアオバトに会いに行った事があります。 晴れ空の下で海にいるシギチも良いものですね。もう秋ですが、夏みたいにどこか解放感を感じました。本当、田んぼ等の内陸の湿地や水辺で見るのと雰囲気が違いますね。
    mitsuさん、デジスコで飛びものなんて、なかなかやりますね!!デジスコだと、やはり飛行ルートとか前もって計算して、ピントが合うようにもっていかないと、良い飛びものの写真は撮れないものですか!?一眼レフ+望遠レンズより機動力が落ちる分、腕の見せどころでもあり、また、腕が浮き彫りに成り易くもありますね。
    アオバトも、日光が当たってより綺麗に映っていますね。写真からは私は♂しか確認出来ませんが、♀はいましたか?数はどれ位でしたか?
    最近、近所でホシガラスや鷹の渡り、今秋初のノビタキに出逢ったりしました。ホシガラスは、標高1000メートルに満たない場所にももうこの秋ポツポツ現れ始めてますね。そのような場所を近所も含めて5箇所知っていますが、その内の一ヶ所は関東以西の太平洋岸で標高約400メートルの某所に出て、もしかしたらお二人さんの身近な場所にホシガラスが出るなんて事も、無いとは限らないかもしれませんよ。
    鷹の渡りは、例のノジコのポイントの近くで、2日間(観察時間2日間合計約6時間50分)でサシバ、ハチクマ、ノスリ、ツミ、オオタカ等、300羽を超える出逢いがありました。逆光やそれに近い条件の中、全ての鷹を20倍に合わせたスコープで1羽づつ識別作業・カウントしたのですが、遠く近く高く低く様々に鷹が飛んだので、三脚上でスコープをあちこちに向けていました(笑)。近くと言っても、一番近くでも100メートル以上離れていて、一番遠く、若しくは、高いので300メートル、400メートルは離れていたと思います。 撮影に関しては、焦点距離にして35ミリ換算で、最低でも1500ミリとか1600ミリ無いと話にならない場合やそれ位の焦点距離でもギリギリな時が多々あり、焦点距離に限って言えばまさに撮影はデジスコ/ビデスコ領域でした。今シーズン、鷹の渡りは思いのほかまだ低調な所も多いようですので、もう少ししたらお二人さんも鷹の渡りを撮影に行かれたら如何ですか!?疲れますが、間近で鷹が飛ぶところもありますしね。

  • mitsu

    / 返信

    >ともべいさん
    海水飲みにくるシーンはブラインドの中からでもカメラ振ったら警戒して逃げられました(^^;
    非常に警戒心が強いですね。
    ブラインドがなかったり人が多いと無理っぽいですね(^-^;

    >山鵜さん
    山鵜さんも海でしたか!
    鬼を見つけるなんてさすがですね!
    僕もライファー見つけて帰りたいですが、今日は厳しそうな雰囲気です…。

  • mitsu

    / 返信

    >vivi_kotaさん
    おそらく思っておられるところとは別の場所での撮影で某有名地の方が撮りやすかったです(^-^;
    MFとはデジイチ飛びものでですかね?
    僕もデジイチではMF できれいには撮れません(^^;
    デジイチは半分諦めてますが……。

    >ヘロンさん
    デジスコでの飛びものはカメラの連写が早くなったので撮りやすくなりました!
    そんな先読みとかもさほど考えなくて大丈夫です。
    さすがに鷹のわたりは遠すぎて難しいですね(^-^;
    それにしてもそちらはすごい数ですね!

  • misaki

    / 返信

    ともべいさん♪
    こんにちわ!
    海水絡みは1チャンスだけでした…↓↓
    ふだんアオバトを見る機会が少ないので、岩の上でもうれしいですけど^^

    山鵜さん♪
    こんにちわ!
    オニアジサシめっちゃいいですね!!
    山鵜さん、鳥運分けてください><
    今日は惨敗な気配…( ┰_┰) 暑いし…

    vivi_kotaさん♪
    こんにちわ!
    背景があってある程度速めに飛ぶ鳥を撮るほうがピント合ってるかわかりやすいかもです^^;
    背景流れて見えるからピント合わせやすいのかなって^^
    なるべくAFで撮りたいですが、F6.7で激遅やから仕方なしです。。

    ヘロンさん♪
    こんにちわ!
    300ってすごい数ですね!
    そんなん見てみたいです^^
    タカの渡りは近くを翔ばなかったらごみ箱いきを増やすばかりでストレスたまります…
    今日ノビタキ見ましたよ♪

  • freeman

    / 返信

    その後、30sのご機嫌はいかがですか。なんだかすごいのをアップしていますね。暇つぶしに遠くのミサゴの飛び物、なんて、驚きものです。

  • gnohara

    / 返信

    mitsuさん
    前回コメントからの続きをこちらで失礼!
    私はS80のときは予備機を持ち歩いていましたが、30Sはまだ真価がわからないので一台しかかっていません。

    30Sのその後(最後に到着した新品)の具合はいかがですか?。
    私はパソコンモニターにNHK時計を表示させて、広角側と望遠側でそれぞれ12秒くらい連写し、秒針が0から10まで動く写真が何枚撮れているか?調べました。
    広角側27枚/10秒
    望遠側38枚/10秒
    という結果でした。

  • mitsu

    / 返信

    >freemanさん
    IXY30S、最初に購入した白が帰ってきました。
    今のところ不具合は発生していません。
    2台目に買った黄色は初期不良2連発だったので返品して、S95を買いました。
    連写が早い機種は飛び物も撮る気がします(笑)

    >gnoharaさん
    IXY30Sは不具合続きだったので2台目は返品してS95を注文しました。
    最後の新品もダメだったのですが、最初にかった分の修理品が返ってきて、そのカメラでは不具合が発生しませんでした。
    連写に関してはメーカー曰く広角側で遅いと言うわけでもなく、ズーム位置によって3.7コマ打てない事もあるという回答でした。
    でも実際は広角側で遅いですよね!

LEAVE A REPLY

コメントを投稿 ( 名前は必須です )

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RECOMMEND

BIRDER2017年6月号

BIRDER GRAPHICSを担当しています!

BIRDER2016年12月号

misakiが撮影したベニヒワの写真が表紙を飾っています!

BIRDER2016年10月号

表紙がmitsuのサメビタキで、特集ページの扉絵がmisakiのハリオシギです。

BIRDER2016年3月号

表紙がmitsuのライチョウで、特集ページの扉絵がmisakiのヘラシギです。

秘伝!野鳥撮影術

舳倉島のページを担当しています。